1. HOME
  2. アクティブシニア「食と栄養」研究会について
  3. 設立主旨

アクティブシニア「食と栄養」研究会についてアクティブシニア「食と栄養」研究会について
— 設立主旨 —

日本は極めて早いスピードで超高齢社会を迎えています。
それに伴い急速に障害を有する高齢者が増加し、なかでも筋肉や骨、関節が弱まることで日常生活に大きな支障をきたし、最悪の場合は要介護や寝たきりの状態となる高齢者が増え続けています。この高齢者の虚弱化は、ロコモティブシンドローム、サルコぺニアといわれ近年重大な健康リスクの一つとして注目を集めています。
当研究会では、このロコモティブシンドローム、サルコぺニアをはじめとする高齢者の虚弱化対策に「食と栄養」の観点から取り組み、その予防および改善に繋がる情報を積極的に発信し、健やかで豊かなアクティブシニアライフをサポートします。
「食と栄養」を通じた対策と、さまざまなコンテンツの提供を行うことで広く社会に啓発し、シニアのQOL(Quality of Life:クオリティオブライフ)の向上に寄与するための場として、ぜひ当研究会をお役立てください。

アクティブシニア
「食と栄養」研究会
について