PAGE TOP
  1. HOME
  2. ロコモ対策
  3. ロコモティブシンドロームの診断・症状

ロコモ対策ロコモティブシンドロームの診断・症状

ロコモティブシンドロームの診断・症状

自分の運動器がどれくらい衰えているのかを把握することが大切です。
次の7つの「ロコチェック」で、当てはまる項目があるかどうか早速確認してみましょう。

こんな症状思い当たりませんか?
7つの「ロコチェック」

もし一つでも当てはまる項目があれば、
ロコモティブシンドロームの可能性があります。

※無理に試して、転んだりしないようにご注意ください。

1 片脚立ちで靴下がはけない 2 家の中でつまずいたり滑ったりする 3 階段を上がるのに手すりが必要である 4 家のやや重い仕事が困難である 5 家2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である 6 15分くらい続けて歩くことができない 7 横断歩道を青信号で渡りきれない

腰や関節の痛み、筋肉の衰え、ふらつきといった症状が
悪化してきている場合は、まず医師の診察をうけて、
早めに予防・改善を行いましょう。