PAGE TOP
  1. HOME
  2. サルコペニア対策
  3. アジア人のサルコペニアの診断基準

サルコペニア対策アジア人のサルコペニアの診断基準

アジア人のサルコペニアの診断基準

アジア人のサルコペニアの診断基準は、「筋量の減少」「筋力の低下」「歩行速度の低下」の3つです。以下の基準値のうち、1と、2もしくは3どちらかに該当すれば、サルコペニアと診断されます。

筋肉量の低下

BMI値が18.5未満、もしくは下腿範囲
(ふくらはぎの最も膨らんだ部分)が30cm未満

四肢骨格筋量が
BIA法:男性7.0kg/㎡未満、女性5.7kg/㎡未満
DXA法:男性7.0kg/㎡未満、女性5.4kg/㎡未満

握力(筋力)の低下

握力が男性26kg未満、女性18kg未満

歩行速度(身体機能) の低下

歩行速度が0.8m/秒以下

アジア人のサルコペニアの診断基準

アジア人のサルコペニアの診断基準

サルコペニアの症状と見分け方

以前よりも「転びやすくなった」「重いものを持ち上げられなくなった」「階段の手すりを掴まないと上がれない」などの症状があれば、サルコペニアの疑いがあります。次の3つの方法で確認できますので早速テストしてみましょう。

指輪っかテスト

親指と人差し指で輪っかを作り、ふくらはぎの一番太い部分にはめてみます。指で囲めなかったり、隙間ができる場合はサルコペニアの疑いがあります。

握力テスト

筋肉量の低下は「握力」にも影響を及ぼします。
握力が低下することで、握る、持つといった日常生活の基本動作で困難を感じる機会が増えていきます。
握力が男性26kg、女性18kgを下回る場合はサルコペニアの疑いがあります。

歩行速度のテスト

横断歩道を渡るときに、青信号で渡り切れるかを確認してみましょう。今までは青信号で渡り切れていた横断歩道で渡り切れなくなっている場合はサルコペニアの疑いがあります。

※このテストをする場合は、十分に注意をしましょう