1. HOME
  2. サルコペニア対策
  3. サルコペニアとは

サルコペニア対策サルコペニア対策
サルコペニアとは

ロコモティブシンドロームのなかでも、とくに筋肉の減少を「サルコペニア」といいます。
個人差はありますが、40歳前後から徐々に筋肉量の減少傾向が見られ、その傾向は加齢に伴って加速化していきます。とくに高齢者においてはその速度はますます高まり、1年で5%以上の減少率となる例もあります。またサルコペニアはギリシア語で骨格筋の減少を意味し、サルコ(筋肉)とペニア(減少)の造語です。一方、加齢に伴い心身が虚弱化した状態ではあるが、適切な対応により健常化する可能性のある状態をフレイルといいます。

合成と分解のバランスが崩れて起こる筋肉の減少

通常筋肉は運動による刺激やタンパク質、 アミノ酸等の摂取によって維持、増加することが知られています。人間は一日の間に筋肉の合成と分解を繰り返していますが、成長期ではこの合成と分解のバランスがプラスとなり、十分な量のタンパク質の摂取により筋肉は増加していきます。ところが高齢者においては運動や食事の摂取等の刺激に対する感度が低下することに加え、食事量、とくにタンパク質(アミノ酸)摂取量や運動量の減少により、筋肉の合成量が低下し、合成、分解のバランスが崩れることにより、筋肉が減少する傾向が現れます。

老化を抑制するために

サルコペニアにおいても「栄養」「運動」がきわめて重要な対策の要素となってきます。適切な栄養を摂り、日常の運動を心がけることで、筋肉の維持に効果を発揮すると考えられています。
アクティブシニア「食と栄養」研究会では、加齢とともに進行する重要な生活課題である「虚弱」「ロコモ」「サルコペニア」に注目し、その対策と啓発を行っています。

運動対策についてはこちらがおススメ>>ロコモチャレンジ! ロコモチャレンジ!