PAGE TOP
  1. HOME
  2. フレイル対策
  3. フレイルの予防と対策

フレイル対策フレイルの予防と対策

フレイルの予防と対策

フレイルを予防するには適度な「運動」と「栄養バランス」の取れた食生活、そして「社会活動への参加」が重要となります。最近の研究では、特に「社会活動への参加」頻度の低下が、フレイルの入り口になりやすいといわれています。

健康長寿のための「3つの柱」

健康長寿のための「3つの柱」

出典:東京大学高齢社会総合研究機構・飯島勝矢 : フレイル予防ハンドブックを元に作図

就労やボランティア活動、趣味や稽古ごとなどのグループ活動、友人や知人との交流や近所付き合いなど、地域社会にかかわる活動に参加することが効果的です。閉じこもりがちな生活をしないように、生活習慣を改善してみましょう。
「社会性」は、活動量、精神・心理状態、口腔機能、食・栄養状態、身体機能など、多岐にわたる健康分野にも大きく関わります。

健康長寿のための「3つの柱」

出典:東京大学高齢社会総合研究機構・飯島勝矢 : フレイル予防ハンドブックを元に作図

東京大学高齢社会総合研究機構・飯島勝矢ら
厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「虚弱・サルコペニアモデルを踏まえた高齢者食生活支援の枠組みと包括的介護予防プログラムの考案および検証を目的とした調査研究」 (H26年度報告書より:未発表)