PAGE TOP
  1. HOME
  2. サルコペニア対策
  3. サルコペニアの予防と対策

サルコペニア対策サルコペニアの予防と対策

サルコペニアの予防と対策

サルコペニアを予防する上で大切なのは、ロコモティブシンドロームの予防方法と同じく、筋肉を減らさないための適度な「運動」と「栄養バランス」の取れた食生活です。加齢に伴い、運動不足や食事量の低下が気になる方は、無理のない範囲で改善していきましょう。

運動対策 : おすすめのトレーニング

筋肉量を増やし、筋力や身体能力を改善するためにはレジスタンス運動と低強度の有酸素運動が効果的であることが言われています。レジスタンス運動とは抵抗を加えた運動であり、筋力トレーニングとして一般的に知られています。

レジスタンス運動(筋肉に負荷をかける運動)

日常生活の中で、無理のない範囲でレジスタンス運動を実践してみましょう。

  • ひざをついて腕立て伏せ
  • お腹に力を入れておへそを覗き込む
  • 椅子から立ったり座ったり

栄養対策 : おすすめの食生活

筋肉生成に効果のあるタンパク質が豊富な肉や魚、大豆、卵などの食材を中心に、筋肉を動かすエネルギー源となる炭水化物(米・パン・麺類)、タンパク質の働きを助けるビタミンB6(マグロの赤身・レバー・鰹・鶏ささみ・キウイ・バナナ)などバランスよく摂取することが大切です。

  • タンパク質
  • ビタミンB6
ロコモ・サルコペニア対策レシピ

ロコモ・サルコペニア対策に有効な食事のレシピを紹介します。
アクティブシニアライフを栄養の面からサポートする食事として、ぜひお試しください。